ごあいさつ

~親和幼稚園の開設にあたって~

 平素は親和幼稚園の教育と運営にご理解とご協力をたまわりありがとうございます。 親和幼稚園は、おかげさまで開設3年目を迎えました。今年も、教職員一同力を合わせて、さらなる教育の質的向上をめざして努力していく所存です。ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
 さて、親和学園は、明治20年に創立された親和女学校を創始として、今年、131年目を迎えていますが、明治・大正・昭和・平成の長きにわたって建学の理念を継承発展させてきました。今後も、この伝統を継承し、一人一人の子どもたちと誠実に向かい合い、そのかけがえのない成長・発達を支援していく所存です。
 このたび幼稚園教育要領・保育所保育指針が変わり、新たに「認定子ども園型教育・保育要領」が加わりました。変わる社会・時代に対応して、幼児教育の在りようも大きく変わっていきます。「非認知的能力」や「知的な能力」の養成が新たな教育目標になっています。
 親和幼稚園としては、変化する社会を視野に新しい教育要領を踏まえながら幼児教育の基本を大切にした教育を展開していきたいと考えています。21世紀を担い22世紀を創造する子どもたちの未来を見つめて、日々の教育実践に努めて参ります。今後とも、みなさまのご理解とご支援をお願い申し上げます。


名誉園長 エリザベス・モーレイ氏
 附属幼稚園では、エリザベス・モーレイ氏を名誉園長としています。モーレイ先生は、神戸親和女子大学客員研究員、前トロント大学附属幼稚園園長・小学校校長、国際附属校園協会国際委員会委員長を歴任されています。主にカナダの幼稚園・小学校の教師として、研究者として、子どもたちの教育及び研究に取り組んでおられます。今年も幼稚園でのご講演を計画しています。   

学校法人親和学園
理事長 山根耕平
神戸親和女子大学
学長  三井知代

理事長 山根耕平

学長 三井知代

園長あいさつ

~心豊かに学ぶ「しんわ」の子どもたち~

 朝の幼稚園は「おはようございます」のあいさつの後、「なにして遊ぶ」、「きょうは砂場にいくよ」など、子ども同士の楽しい会話があふれています。
敏感な幼児期の感性を大切にし、5感を通した体験をゆっくりと重ねていきます。子ども自身の意欲と自主的な活動を促進し、発育・発達の応じた体験活動を大切にします。
さまざまな事象に興味を持ち探究心を満たす環境から、園児自身がやりたいことを見つけ遊びつくすことができるよう環境を整えます。友だちや教師との関わり、保護者の方々との温かい人間関係などに支えられながら、その世界を拡げ、優しさや思いやりを育むことができるよう願っています。友達や教師との関わりの中でこころと体を充実させ、安心して過ごせる幼稚園にしてまいります。
「またあした!」、「またあしたあそぼうね!」と、園児にとって毎日が楽しい場所になるために、教職員一同、教育・研究を深めながら子どもの視点に立った教育を推進いたします。